トップ

経営に近づく為の基礎

経営の教養は奥深い

飲食店経営の税金と経費

飲食店を経営する人はいると思いますが、経費や税金の事は難しいです。その為、経営者のほとんどは税理士に任せており、プロなので安心して任せられます。経費とは、売り上げを向上させる為に必要なお金の事で、確定申告で申告すれば税金を安くする事が出来るでしょう。残業による食事代や勉強の為の書籍代や新聞代、駐車場を必要とする飲食店は、駐車場代も良いでしょうし、家賃や水道光熱費も入ります。ただし、認められる物と認められない物がありますので、早めに税理士に相談して下さい。わからない事や気になる事も相談出来るので、税理士に任せた方が安心です。

税金対策と飲食店での支払い

会社経営にあたり、税金の節減は経営上大事なことの一つです。勘定科目の仕分けを適切に行うことで節税になります。例えば飲食店での支払い。『交際費』として計上するだけでなく、一人あたり5000円以下であれば一定の条件を満たす事により『会議費』として経費に計上できます。法人の場合は『交際費』を全額経費として計上できない場合があるので、該当するものを『会議費』として計上することで税金対策になります。『会議費』として計上するには、社外の人間が1人以上参加していること、誰が参加していたかの記録を残しておくことが必要となります。領収書の裏などに参加者の名前を書いておけば後日分からなくなる事はないでしょう。また飲酒が含まれるケースは『交際費』とみなされる場合がありますのでご注意ください。

経営の知りたい情報

新着情報

↑PAGE TOP