トップ / 経営に関して覚えよう

経営に関して覚えよう

経営の基本の雑学

個人経営者の税金の収め方

経営している事業主は、確定申告で税金の算出を行います。個人経営の事業主は、国税に当たる所得税や消費税を自ら納付の手続きをする必要があります。地方税については、自宅に納付書が届きます。税金の収め方は2つあり、経営者は期日までに納税する必要があります。現金で納付する際には、税額を記入した納付書に現金を添えて、税務署か銀行等の金融機関で支払います。納付書は税務署や金融機関にあります。税額が30万円以下の場合は、バーコード付きの納付書があれば、コンビニエンスストアでも支払い可能です。銀行口座から振替納税する方法もあります。確定申告書を提出の際に口座振替依頼をします。4月中旬に引き落とされるので、納付までの期間を遅らせることも可能です。一度手続きすれば同じ振替納税の手続きが使え便利です。

個人経営の税金の収め方

経営をするにあたっても税金は付き物です。個人経営の税金の収め方はご存じでしょうか。これは民間の企業に勤めている場合と方法が異なります。民間の企業の場合は、勤めている企業が変わりに行ってくれることが多いですが、個人経営の場合は自ら行わなくてはなりません。経営をしているのならば申告を行う必要があります。一年の中でのある一定の時期に、申告書を作成して税務署へ提出します。詳細なことも書く必要がありますので、申告書を作成する時期だけでなく、普段からまとめておくことをおすすめします。その収め方について不明な点がある場合は、管轄の税務署へ問い合わせますと教えてくれます。

経営の知りたい情報

↑PAGE TOP